ニッポンを食でを元気に

まかないデリ

●まかないデリ

(2011~2012年)

14_08_02nosaki

レストランの味を家庭で再現・・・という企画はよく目にしますが、レストランの味は、基本的にはやはり料理の似合う空間があってサービスがあってという、レストランでこそ花開くものだと考えます。とはいえ、シェフという存在、言葉が持つ「おいしそう感」は家庭にも伝えたいところ。そこで、クーカルではシェフが毎日食べる「まかない」という言葉に注目しました。

シェフはよく言います。料理ができるヤツはまかないがうまい、と。

毎日食べるまかないには料理の基本が詰まっています。

・料理のプロによる「絶対おいしくする!」という気持ち

・良質な食材を知り、無駄のない食材の使い方を考える

・そこにある食材で栄養のバランスを考える     など

以上は、料理人寄りの目線ですが、消費者からみれば、私たちがふだん食べることのない

レストランのごはんを食べたい! おいしそう! と単純に思える言葉でしょう。

まかないデリで、クーカル・ラボでは、シェフからまかないのレシピをもらい、商品化する「まかないデリ」を展開しました。

京橋「シェ・イノ」古賀純二さんによる「牛肉の赤ワイン煮込みのはじっこ丼」など

京都「イル・ギオットーネ」笹島保弘さんによる「チキンのトマト煮込み」など

西麻布「分とく山」野崎洋光さんによる「筑前煮」「牛しぐれ丼」など

高輪「ダ・ノイ」小野清彦「野菜カレー」

池尻大橋「オギノ」荻野伸也「ミートカレー」

駒沢「ラ・ターブル・ド・コンマ」小峰敏宏「野菜カレー」

*まかないデリはクーカルの登録商標です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です