シェフたちとニッポンを食で元気に

YOSHIKIがポメリーとシャンパーニュブランド設立

YOSHIKIがポメリーとシャンパーニュブランド設立

『Y by YOSHIKI × CHAMPAGNE POMMERY Brut』新発売

文・飯島千代子

 世界的に活動するアーティスト、YOSHIKIがシャンパーニュの名門メゾン「ポメリー」とブランドを設立。9月1日よりファーストリリースとなるシャンパーニュ『Y by YOSHIKI × CHAMPAGNE POMMERY Brut』が新発売となりました。

記者会見に臨むYOSHIKI。

 YOSHIKIとえいば、2009年にカリフォルニアのナパ・ヴァレーにあるワイン造り手の一族4代目で醸造家であるロブ・モンダヴィJr.とコラボレーションしたワインブランド「Y by YOSHIKI」が大成功をおさめています。一方、この度のパートナーである「ポメリー」は、シャンパーニュ地方ランスで1836年に創業。1874年にマダム・ポメリーが当時は甘口が主流のシャンパーニュでしたが、史上初のブリュット(辛口)を誕生させました。以来、現在のシャンパーニュ・スタイルを確立させた先駆者として知られています。今回、YOSHIKIとポメリーが新たに設立したのは「Y by YOSHIKI × CHAMPAGNE POMMERY」というブランドで、共同運営となります。

2021年11月にシャンパーニュ地方ランスにある「ポメリー」を訪問。地下のカーヴにて。

40の村のブドウを使用

 両者は2019年からこのプロジェクトのため検討を重ね、YOSHIKIは何度も試飲を繰り返したといいます。こうして初リリースとなった『Y by YOSHIKI × CHAMPAGNE POMMERY Brut』はシャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエの伝統的な3品種のブレンド。ブドウの生産地は主にコート・デ・ブランとモンターニュ・ド・ランスの40の厳選された村のブドウを使っています。瓶内熟成は最低でも42カ月でフレッシュさとエレガントさ、繊細で豊潤な味わいが特徴です。

 音楽とシャンパーニュが出会い、それぞれの感性が奏でる唯一無二のキュヴェの誕生です。

『Y by YOSHIKI × CHAMPAGNE POMMERY Brut』
繊細な泡が立ちのぼり、赤い果実を思わせる香りも。口中で丸く広がる繊細かつ豊潤な味わいは余韻も長く楽しめる。価格は1万6500円、ギフトボックス入りは2万円(各税別)。